山梨名物、ほうとう鍋の作り方ダイエットに美容効果!女性の味方、豆乳キムチ鍋のおいしい作り方

2011年01月28日

ヘルシーなうどんすき鍋の作り方

うどんすきとはうどん中心の寄せ鍋風のもののことを言います。大阪の料理店「美々卯」の主人・薩摩平太郎が1928年頃に考案した、大阪の郷土料理です。


うどんすき鍋レシピ

【材料(4人前)】

才巻きえび 4尾(120g)
鶏もも肉 160g
はまぐり 4個
焼きあなご 1本(65g)
飛竜頭・小 4個(60g)
白菜 4枚
春菊 1束
長ねぎ 1本
しいたけ 4枚
にんじん 40g
ゆでうどん・煮込み用 3玉
だし ほんだし 1袋(8g)
カップ8
しょうゆ 大さじ6
みりん 大さじ2
大さじ2
大根おろし 160g
一味唐がらし 小さじ1/2
青ねぎ 2本


【作り方】(所要時間 45分)

1.えびは竹串で背ワタを取り、焼きあなごはひと口大のそぎ切りにします。。鶏肉はひと口大に切ります。

2.白菜は芯と葉に切り分け、芯は3~4cm大のそぎ切りにし、葉は4~5cm大のザク切りにします。春菊は6~7cm長さに切り、ねぎは1cmの斜め切りにします。

3.しいたけは石づきを取り、表面に飾り切りにします。にんじんは5mm厚さに切って梅型で抜きます。

4.大根おろしの水気を軽くきり、一味唐がらしを入れ、もみじおろしを作り、青ねぎは刻み、それぞれ小皿に盛ります。

5.鍋にだしを合わせて煮立て、うどんすきのだしを作ります。

6.うどんすき鍋または土鍋に5のうどんすきのだしを入れて煮立て、  1、2、3、はまぐり、飛竜頭、うどんを火の通りにくい順に加えながら煮て、4の薬味を添えていただきます。



howtonabe at 00:46│Comments(0)TrackBack(0) レシピ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
山梨名物、ほうとう鍋の作り方ダイエットに美容効果!女性の味方、豆乳キムチ鍋のおいしい作り方